本日3年生は、環境再生プラザ様の放射線講座を行いました。始めに鳥取大学の北先生の講義と、相馬市放射線対策室の山田さんから相馬市の取り組みを話していただきました。

後半は、風評について「サービスエリアで、福島のものだからという理由で相馬市産の梨を買わない親子に対して、どう伝えれば不安なく相馬市産の梨を食べてもらうことができるか」という議題でグループディスカッションをしました。

 

ディスカッション後、グループの代表が発表し、北先生が解説とまとめをしてくださいました。グループからの意見では、「検査結果を表示し、安全をPRする」「その場で検査して見せる」「検査済みのシールを貼る」「笑顔で食べて、安全だけでなくおいしさをPRする」「有名人にコマーシャルをしてもらう」等いろいろな考えが出されました。

 

講師の先生方には、遠路、またお忙しい中おいでいただき、最新の情報得ること、放射線について考える有意義な時間を得られましたことに感謝申し上げます。来週は1,2年生の放射線教室です。

 

カテゴリー: 行事