12月6日(水)研究授業

 

今年度の校内研修も大詰めに入り、本日は幕内先生の国語の研究授業がありました。「幻の魚は生きていた」の単元の最後の活動として、『クニマスの里帰り』旧田沢湖町の一人として、具体策を考案してみよう!の学習課題で、ワールドカフェトークで考えを深めていきました。生徒たちは自分の考えを一人ひとりしっかり持ち、席替えして違う相手と話し合いをしながら自分の考えを深めていきました。新しい学習指導で求められる、教科を横断した「主体的・対話的で、深い学び」にせまる授業でした。