11月2日(木) 進路セミナー

 

2年生は連携型中高一貫教育事業として、連携先の相馬東高校の先生と生徒を講師に招いて、『進路セミナー』を行いました。先生からは、人工頭脳等の発達で、変化の予測のつかない将来を生きるために、今やるべきことは何か? 高校ってどういう所か?というお話があり、本校卒業生の先輩の持立さんと伹野からは、相馬東高校ってどんなところか?なぜ選んだのか?という話を頂きました。生徒からの質疑があり、最後に卒業生の先輩から、中学校では「勉強をしっかりやった方がいい」「3年間部活動は続けた方がいい」というアドバイスをいただきました。相馬東高校の先生方、先輩方、本日はありがとうございました。